ランニング初心者は、忍者走りで、効果的な走り方ができます

ランニング初心者は、永井式忍者走りで、効果的な走り方ができます。トレーニング方法や永井式テーピングなどの健康情報を紹介するブログです。                                            

ランニング走法には、3種類の着地方法があります。

ランニング選手は

 

あなたに合った着地方法を 

 

取り入れて下さい。

 

 

3種類の着地方法

 

1.ヒールストライク走法 

    ( かかと部 )

 

2.フォアフット走法  

  ( 前足部 ) 

 

3.ミットフット走法  

  ( 中足部 )

 

 

1 ヒールストライク走法

 

  • 日本のランニング選手は

 

   とても多い走法です。

 

  • 体育の授業で、教わったことが

 

   原因だと思います。

 

         日本人は、真面目なので、

 

   頭にインプットされています。

 

 

  • ヒールストライク走法は

 

   かかと → 中足 → 前足

 

   路面に着地します。

 

          かかとから着地することで、

 

   前方に重心が移動することが特徴です。

 

 

 

  •  デメリットは、かかとを痛めることです。

 

           ランニングシューズの性能が

 

    良くなったので、

 

        ケガは予防できます。 

 

 

 

2.フォアフット走法

 

  •  最近、注目されている走法です。

 

  •   アフリカの一流ランナーは

 

   ほとんど フォアフット走法です。

 

  • 前足部で、走ります。

 

  • スピード維持するには、最適です。

 

  • 日本の大迫選手もフォアフット走法です。

 

   少年時代から、 

 

   フォアフット走法のトレーニングを

 

   していたそうです。

 

 

  •  アフリカの選手は、体の構造上

 

   自然にこの走り方ができます。

 

  

  • アフリカ選手は、骨盤が前傾しているので、

 

   自然にフォアフット走法ができます。

 

  • 日本人の骨盤は、路面に対して

 

   垂直なので、トレーニングしないと

 

   この走り方は、難しいです。

 

 

  • 整体師として

 

   フォアフット走法はお勧めしません。

 

   日本人の体の構造上、

 

   時間をかけてトレーニングしないと

 

   難しいからです。

 

   故障のリスク大です。

 

 

  • もちろん、フォアフット走法を

 

   マスターすれば、記録アップ間違いなしです。

 

 

 

3.ミットフット走法

 

  • この走り方は、足裏全体で、着地します。

 

  • 日本人は、

 

       ヒールストライク走法に慣れているので、

 

  違和感があります。

 

  でも、私は、ミットフット走法がお勧めです。

 

 

  • 私が考案した永井式忍者走りは

 

   自然とミッドフット走法に.なります。

 

   意識しなくても自然と

 

  ミットフット走法になります。

 

 

ランニング走法は3種類の着地方法があります。

 

1.ヒールストライク走法

 

  かかとから着地します。

 

  日本人は、とても多い走り方です。

 

 

 

2.フォアフット走法

 

  アフリカの一流ランナーは、

 

  ほとんどこの走り方です。

 

  スピードを維持するには最適です。

 

  日本人の体の構造上、

 

  マスターするのは難しい。

 

 

3.ミットフット走法

 

  足の裏全体で、着地する走法

 

  永井式忍者走りにすると

 

  自然にミットフット走法ができます。

 

 

 

  あなたに合った着地方法を取り入れて下さい。

 

 一番走りやすい走法が一番です。

 

 

 


永井式忍者走り

 

 

 

 

ひざを痛めた ランナーとトライアスリートは、永井式テーピングが解決します。

 

 

 

youtu.be

 

 

 

 

ランナーとトライアスリート

 

体調管理が重要です。

 

 

大会に向けて

 

レーニングをがんばっても

 

故障をすると

 

パフォーマンスが落ちてしまいます。

 

 

ランナーとトライアスリートは、

 

ひざがとても重要です。

 

 

ぜひ

 

永井式テーピングを体験してください。

 

 

 ひざが痛い方がたくさんいます。

 

 

原因は、色々あると思います。

 

 

ケガであったり、

 

筋肉が、弱くなったりして

 

膝が痛くなります。

 

 

20年の経験から、

 

ひざの痛い方は

 

ひざの周りの筋肉が落ちています。

 

 

永井式テーピングは、

 

人工の筋肉の役割も果たします。

 

 

見てわかると思いますが、

 

右足と左足のテープの貼り方は、

 

同じ貼り方です。

 

 

これは、

 

オーリングテストで、

 

調べた結果です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

 

3000人以上治療してきましたが

 

縦、横、ななめ右上がりでは、

 

効果がありません。

 

 

私は、トライアスロンの選手でした。

 

 

アイアンマン整体センターを

 

開業した1994年は、

 

トライアスロンに夢中でした。

 

 

自分が、

 

テーピングの効果に納得しないと

 

お客様には、治療に使えないので、

 

自分が、人体実験をしました。

 

 

トライアスロン大会の時は、

 

体中にテーピングしました。

 

 

自分で貼れない箇所は、

 

かみさんに貼ってもらいました。

 

テーピングをすると、

 

レースで、

 

良い結果も出るようになりました。

 

テープは、伸びないテープがいいです。

 

貼った瞬間に効果があります。

 

お試しください

 

永井式テーピングは、シンプル・簡単・即効性がテーピング

永井式テーピングは

 

ランニング選手に

 

とても効果があります。

 

 

 

オリンピック等を見ていても

 

カラフルなテーピングを

 

している選手を見ます。

 

 

 

これは、目立つためでは

 

ありません。

 

 

 

スポーツ選手にとって

 

必要アイテムになった証拠です。

 

 

 

永井式テーピングは、

 

ランニング選手にとても

 

役立ちます。

 

 

 

永井式テーピングの特徴は、3つあります。

 

 

 

1.シンプル

  

  永井式テーピングは、

 

  とてもシンプルです。

 

 

  

  第三者から見て

 

  ななめ左上がりに

 

  テープを貼ります。

 

 

 

   

 

  永井式テーピングは、

 

  20年以上の治療経験があります。

 

 

 

  オーリングテストで、

 

  体の隅々を調べました。

 

 

 

  ある法則がわかりました。

 

  

  第三者から見て

 

  ななめ左上がりに

 

  テープを貼ると効果が

 

  あることが分かりました。

 

 

 

  3000人以上を治療してきて

 

  縦、横、ななめ右上に

 

  テーピングしても効果が

 

  ないことがわかりました。

 

 

 

  3000人以上治療してきて、

 

  法則が違う人はいませんでした。

 

 

 

  これは、

 

  人間の筋肉の構造からきていると思います。

 

 

 

  人間は、意識しないで歩いていると

 

  左側に行ってしまうそうです。

 

 

 

  陸上競技は、

 

  トラックが左周りなのも

 

  一理あるそうです。

 

 

 

  2.簡単

  

   永井式テーピングは

 

   テープは

 

   基本的、なんでも大丈夫です。

 

 

 

    テーピングテープがなければ

 

   業務用の作業テープでも

 

   応急処置には問題ありません。

 

 

 

    応急処置ですので、

 

    普段は、使わないで、ください

 

    皮膚が弱い人は、かぶれます。

 

 

    

    私は、

 

    伸びない固定テープを使っています。

 

 

 

    治療では、

 

    幅15mmくらいのテープを使っています。

 

 

 

    テープは、横1 : 長さ2 の

 

    割合のテープを貼ります。

 

   

    私は、

 

    オーリングテストを使いますので、

 

    ピンポイントで、貼る場所がわかります。

 

 

 

    皆さんは、

 

    幅の太いテープをおすすめします。

 

 

 

    永井式テーピングを覚えると

 

    何かの時に役にたちます。

 

 

 

3.即効性がある

 

    永井式テーピングは即効性があります。

 

 

    テープを貼ると

 

    瞬間で、良くなります。

 

 

    アイアンマン整体センターには

 

    重症の方が治療に来ます。

 

 

 

    ぎっくり腰で、動くことが困難で、

 

    家族3人が抱えてきた人が

 

    帰りには、一人で、帰れたりします。

 

 

 

 

    地方のマラソン大会の招待選手が

 

    大会の1週間前に治療に来ました。

 

 

 

    ひざが痛くて、大会に出るのが困難だと

 

     治療に来ました。

 

 

 

    アイアンマン整体センターの治療を

 

    1通りしてから、

 

    ひざを中心にテーピングしました。

 

 

 

    私も気になっていましたが

 

    無事、女子選手優勝しました。

 

 

 

    インターネットを見ると

 

    私がしたテーピングが

 

    バッチリ映っていました。

 

 

 

   永井式テーピングの特徴

 

   1.シンプルである

 

   2.簡単である

 

   3.即効性がある。

   

 

      

    

アスリートは、 熱中症の予防と対策が、重要です。

f:id:ironmanseitai:20190214144827j:plain

 

 

アスリートは、

 

熱中症の予防と対策が、重要です。

 

 

夏場のランニングは、

 

特に水分補給が重要です。

 

 

レーニング中は、

 

水分補給が課題になります。

 

自宅の周りならば

 

水分補給も可能ですが

 

 

離れた場所を、走るときは、

 

充分気をつけましょう。

 

 

私は、夏場に走るときは、

 

必ず、ウエストバッグを

 

腰につけました。

 

ペットボトルが装着出来る

 

タイプでした。

 

 

走るときは、

 

20kmぐらい走ったので

 

500㎖のボトル1本と

 

小銭は必ず持ちました。

 

 

途中の自動販売機で、

 

水分を補充しました。

 

 

もちろん、水だけでは

 

不十分です。

 

 

かなり汗をかいて

 

水だけ飲むと

 

血中濃度が低下して

 

筋肉の硬直や痙攣が起こります。

 

 

 

私がお勧めするのは

 

梅干です。

 

 

25年ほど前、

 

茨城県神栖市で、参加した

 

トライアスロン大会のことです。

 

 

その大会は

 

水泳   2km

 

自転車 90km

 

ラン  21kmでした。

 

 

私より2才先輩が、ライバルでした。

 

この大会まで、勝つことは

 

できませんでした。

 

 

先輩は、

 

最初の水泳、自転車が得意でした。

 

私は、ランニングが得意でした。

 

 

 

水泳が終わった時点は、

 

先輩が先行しました。

 

自転車では、かなり離されました。

 

 

 

途中で、すれ違った時に

 

離された距離がわかりました。

 

 

 

かなり離されていましたが

 

追いついてやると

 

闘志が沸いてきました。

 

 

自転車で、かなり力を使っていたので、

 

足がつりそうでした。

 

 

ランニングの

 

2km地点で足が硬直

 

してきました。

 

 

スピードダウンは、

 

間違いありません。

 

 

 

ヤバイと思っていたら

 

選手に水分や補給食をくれる

 

エイドステーションが見えました。

 

目の前に

 

梅干が山盛りになっていました。

 

 

 

レース前、

 

トライアスロン雑誌に

 

足が硬直してきたら

 

梅干がいいと書いてありました。

 

 

 

これはチャンスだと

 

口いっぱい梅干を入れ

 

両手にも持ちました。

 

 

 

驚いたことに

 

足がヤバイ状態でしたが、

 

梅干を食べてすぐに

 

治りました。

 

本当にびっくりです。

 

 

これで、先輩に追いつけると

 

スピードアップしました。

 

 

折り返し手前で、

 

だいぶ距離が近づいてきました。

 

 

絶対抜くぞと

 

途中のエイドステーションで、

 

水分補給もせずに

 

追いかけました。

 

 

 

ゴールまで3Kmで、追いつき

 

抜くことができました。

 

 

そこから先が

 

地獄でした。

 

 

抜いてすぐに

 

頭がふわふわしてきました。

 

 

蛇行してまっすぐに走れません。

 

 

あと500mは、

 

目の前が霞んできました。

 

 

どうにか先輩に勝ち

 

ゴールできました。

 

 

 

ゴール後

 

いくら水分をとっても

 

喉が乾いていました。

 

30分ほどして

 

やっと元気になりました。

 

 

 

当時は、熱中症という言葉は

 

ありませんでしたが

 

私は、

 

熱中症でした。

 

 

みなさんも

 

夏場のランニングは

 

水分と塩分補給は

 

気をつけてください。

 

あなたは サブ5になれます。 あなたが ランニング初心者でも 大丈夫です。

 

 

 

あなたは

 

フルマラソンで、サブ5になれます。

 

あなたが

 

ランニング初心者でも

 

大丈夫です。

 

 

フルマラソンは、

 

1kmを7分ペースで走るとなれます。

 

個人差はありますが

 

必ずサブ5になれます。

 

 

まず、3ヶ月は、

 

基礎トレーニングと

 

ジョギングをして下さい。

 

 

運動経験のない方は、

 

初めから飛ばしすぎて

 

故障したり、疲れてしまって

 

やめてしまう方がいます。

 

 

最初は、ゆっくり始まましょう。

 

 

 

都会の方は、

 

通勤時に、

 

少し歩く距離を増やすとか

 

エスカレーターを使わず

 

階段を使うとか

 

足の筋肉に刺激を与えましょう。

 

 

銚子市だったら、

 

海を見ながら走ります。

 

 

私は、現役の時は、

 

君ヶ浜の遊歩道を走りました。

 

事前に、車で、距離を計り

 

ペースを確認していました。

 

 

よく、ランニングは、

 

疲れませんかとか

 

走っていて何が楽しいのですかと

 

言う人がいます。

 

 

走り始めて

 

3ヶ月過ぎた頃には、

 

走らないと気持ち悪くなります。

 

 

楽しくなければ、

 

こんなにマラソン大会に

 

出る人は、いません。

 

 

ランニングをしていると

 

ランニングハイという

 

状態になることがあります。

 

 

脳内モルヒネが出て

 

気持ちよくなるそうです。

 

 

 

私は、

 

初めてフルマラソン

 

出場した時になりました。

 

20年以上前です。

 

 

私が所属していた

 

トライアスロンチームは、

 

怪物ぞろいでした。

 

 

先輩方は、

 

サブスリーがたくさんいました。

 

 

フルマラソンは、

 

サブスリーでないと

 

一人前に見てくれませんでした。

 

 

私は、千葉県の館山市で、行われている

 

館山若潮ラソンが、デビューでした。

 

 

ランニングは、得意でしたので、

 

練習をあまりしないで

 

参加してしまいました。

 

 

周りの選手のペースで

 

気持ちよく走れました。

 

 

20キロ過ぎに、

 

今まで

 

経験したことのない感覚になりました。

 

 

 

走っているのですが、

 

自分が見ている風景は

 

テレビを見ているような感じでした。

 

走っている感覚がないのです。

 

夢を見ているような感覚でした。

 

 

 

なんだ、フルマラソンは、

 

楽勝だと感じていました。

 

これが、

 

ランニングハイでした。

 

 

 

それからすぐ、

 

また、

 

今まで

 

経験したことのない感覚になりました。

 

 

突然

 

足の筋肉が硬直してきました。

 

 

これが、いわゆる30キロの壁状態です。

 

 

館山若潮ラソンは、

 

25キロすぎから、登りがあります。

 

 

私は、

 

負けず嫌いなので、

 

絶対完走してやると

 

心に決めました。

 

 

ですが、

 

歩くことも、困難になりました。

 

後ろを向くと収容者のバスが来ました。

 

 

誘惑に負けて、

 

すぐに、

 

手を上げてバスに乗りました。

 

 

初フルマラソンは、途中棄権でした。

 

 

翌年は、リベンジに、燃えました。

 

 

館山若潮ラソンに再チャレンジしました。

 

30キロまでは、

 

2時間50分ペースでした。

 

 

35キロすぎに、

 

膝が曲がらなくなりました。

 

 

棒足の状態で走りました。

 

なんとか、2時間59分で、完走できました。

 

ゴール後、

 

立っていられませんでした。

 

チームメート二人に、

 

抱えてもらい、自動車まで、行きました

 

もちろん、帰りは、運転できませんでした。

 

 

サブ5を目指す方は、

 

1キロを7分で、

 

走れるようにしましょう。

 

このペースで、走れると楽しくなります。

 

 

1. ゆっくり5kmを走れるようになる

2. 10km走れるようになる

3・ 10kmを70分で走る

4. 10kmを60分で走る

5. 20km走れる

 

これができると

サブ5は大丈夫です。

 

永井式忍者走りはオススメです。

 


永井式忍者走り